[コラム]台湾(中華民国)の交通事情(インフラ)についてのお話

以前、海外に行った際には目的が釣りで動画も「釣りシリーズ」で紹介していたので香港もタイ王国も韓国も飛行機や交通事情について紹介していました。

しかし、今年足を運んだ台湾は「謎に迫るシリーズ」だったので釣りをガッツリするというよりフィールド観察や現地でのインタビュー、市場などでの情報収集が主な目的だったので詳しい交通事情等については書いていませんでした。

という事でせっかくなので改めてその部分を記事として書いてみますね^^

まず飛行機ですが、台湾は近いので釣り人の表現として「タイやマレーシアの半額くらいで済む」みたいな言われ方をしますがそれはLCCを使うかFSCを使うかによって変わってきます。

さらに、台湾のリーズナブルな航空会社同士でもLCCのタイガーエアとMCCの様相を持つエバー航空では金額が違いますし、日本の航空会社でもANAとかJALに比べるとMCCのスターフライヤーなら十分なサービスで低価格です。

そんな感じで台湾は就航している航空会社が多く、日本からの直行便も豊富なので、ご自身の目的で色々飛行機を選ぶことが出来ます^^

着いてからは香港のようにMRTが発達しているので便利です。

空港内でも両替が損ではないので、荷物を受け取って出たところにある台湾銀行(空港内でもここがお得らしい)で換金をして出口から向かって斜め左にあるサービスカウンター(服務)で悠遊カードを買ってそのまま街に出られます。

国や地域によっては空港と街中で大幅にレートが違うというケースが多いので助かります^^

SnapShot(227).jpg

空港から繋がっている線は2年位前に完成したようです。沖縄も昔は無かったゆいレールが走っていましたし、香港も昔は無かったので、世界的にどんどん便利になっていきます。

ちなみに悠遊カードはMRTだけではなくバスやコンビニでの買い物、コインロッカーにも使えます。今回の旅は短期で行く場所も決めていたので計算した金額をチャージしておきました。

SnapShot(228).jpg

SnapShot(229).jpg

インフラを利用する場合、MRTは利用の難易度は低いです。中国語が出来なくても漢字なので駅名や出口などの単語が分かりますし、線の色を見て乗る便を決められます。

バスも番号を事前に調べたり、スマホのアプリがあれば簡単ですが方角を間違えたり、途中で止まる便があったりする場合があるので言葉が話せないとちょっとだけ難易度が上がります。

それと、今回は行っていませんが、釣り掘り事情をお話します。

同じ南国の怪魚が狙えるタイ王国と比較すると、ちょっと話が変わってきます。あちらは国を挙げて釣り堀を産業にしようという気合が感じられますので、行きたい釣り堀をプリントアウトしておいたり、スマホでタクシーの運転手さんに見せれば連れて行ってもらえますし料金が高くて有名な釣り堀に行けば最低限の満足が得られます。

台湾はセントレア空港からは直行便が無い高雄や台南まで行く必要がありますし、タクシーの運転手さんも名前で行ってくれるほど認識していません。

さらに「その日にベストな場所に案内する」ガイドさんが存在しているくらい、どこに行っても満足できる状況ではありません。そのため「タイ王国から半分くらいの時間で行けて、料金も安い熱帯の怪魚が釣れる釣り堀パラダイス」という感じではありません。

ただ、現在では以前と比べて各釣り堀の詳細もネットで調べればかなり詳しく出てきていますし、YouTubeでローカル釣り堀に行ったリポートを上げている方々もいるので自力で巡る事は難しくありません。

さらにどんどん価格が上がっているタイ王国の有名釣り堀と違い、安いところだど100元(360円くらい)とか高くても500元(1800円)くらいなので、とりあえずお金はないけど時間はタップリあるという人なら、LCCの一番安い便で台湾に来て新幹線で移動、スマホでナビをしながらタクシー利用で巡るというのもアリかもしれません。

ちなみに、以前紹介した台湾で釣り堀バラマンディを仕留めた方は、有効な国際免許を持っていたみたいでレンタカーで行ったそうです。

台湾はほぼ、有効な国際免許が無いので、その場合は免許証の中国語翻訳文を利用します。この方法でレンタバイクを借りるという方法もあります。

以上、台湾(中華民国)の交通事情(インフラ)についてのお話をちょっとだけしてみました^^

※充実した内容を維持するモチベーションになりますので
クリックお願いしま~す!

画像



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック