[動画]80年代ライギョダービー席巻!野池群の謎に迫る!【謎に迫るシリーズ第九回】

nazo9.jpg

※取材は手消毒、マスクの着用、ソーシャルディスタンスを守り行っております。屋外での取材は密を避けマスクを付けて行っています。

皆様が興味を持つであろう魚の疑問を調べて、それをお伝えする「謎に迫るシリーズ」。

ライギョゲームの歴史は1976年に長嶋常雄氏のダービーから始まり、日本記録、K.L.A.Cと続いてきた事をこの謎に迫るシリーズでお伝えしてきました。
そしてN.R.Gによる海部郡を中心とした中部エリアの注目、90年代の北陸・四国、そして2000年代のメディアによって九州が紹介され、場所が非公開になり現在に至っています。

そんなライギョゲームの歴史の中で84年~87年という短い期間にダービーを席巻したチームがありました。

そのエリアの野池群は現在では雷魚フィールドとして認識されていませんし、注目期間も短すぎました。

当時、何があったのか?現在ではどうなっているのか?謎が多いです。

という事で今回は、80年代ライギョダービー席巻!野池群の謎に迫ります!

※今回もハイビジョンでご覧いただけます。設定ボタンをクリックして画質を選択してください。

※ブログ上で全画面、表示されない場合は題名をクリックしてyoutubeページでご覧ください!



※充実した内容を維持するモチベーションになりますので
クリックお願いしま~す!

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック