[釣果報告]2019年最新タックルでの入魂釣果報告紹介!

昨年、ヘッドガンナーでの釣果報告を紹介させていただいたハンドルネーム「お坊さん」。

デザインや操作性を気に入ってくれて、610と702の両方をご購入いただきましたが、その流れで608もご購入いただきました。さらに、リールも今年リリースのレボ・ビーストを組み合わせて2019年最新タックルで釣行しております。

そんな中、フロッグゲームで本命の雷魚ではないもののナマズを釣り上げ入魂した報告をいただきました!

IMG_3449[1].jpg

IMG_3448[1].jpg

以下、お坊さんのリポートです↓

一応雷魚狙いだったのですが、この日に入ったフィールドではナマズの反応が良く、用水の橋の下にキャストすると良いアタックしてくれました。
写真のナマズはどちらも60センチ無いくらいです。
使用タックルは今年購入したヘッドガンナー608LHとレボ・ビースト40にPE6号の組み合わせです。
雷魚のみならず、ナマズのフロッグゲームにもかなり相性が良いと思います。
小さめのフロッグもとても投げやすく、橋の下などへのアキュラシーキャストもやりやすいです。
ロッドもリールもかなりパワーがあり、不安は全く感じません。
ロッドのパワー表記がライトヘビーとありますが、魚を掛けた時には、充分なパワーと粘りがあ
り、ファイト中のバラしが減ったように思います。
海部郡のようなオープンフィールドで使うには、かなり気に入ってます。
それにしても、ヘッドガンナーはロシアや東南アジアなどの海外のスネークヘッド用に開発されたとのことですが、こんなに海部郡の釣りに合うとは驚きです。しかも手頃な値段なのも良いです。
今シーズンは、フィールドによって608LH、610H、702H Hと使い分けて、良い魚とのご縁が出来ますように、ぼちぼちと頑張っていきたいと思います。


※充実した内容を維持するモチベーションになりますので
クリックお願いしま~す!

画像


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック