[コラム]香港のアングラーが日本のナマズをゲット!

チューリップの製作者として皆様にもお馴染みのSABADOさんがお仕事で香港に行ったときに釣りをしていると、アングラーが話しかけてきたそうです。

地元の方ですが広東語だけではなく、英語も話す方だったそうで話が盛り上がり、一緒に釣りもしたそうです^^

仲良くなり「日本のナマズやブラックバス、雷魚を釣りたい」という話になったみたいです。

香港の雷魚はプラーチョンやライヒー、カムルチーでもハイブリッドと思われるような小型サイズばかりなので大型のカムルチーが釣りたいという希望があったりするようです。

ナマズもアフリカンクララなど日本のマナマズとは違う種類が多い印象です。

アングラーの名前は「アセンさん」。地元の釣り雑誌にも登場している方で、カラーグラビアでフロッグを使ったアフリカンクララやプラーチョン、ライヒーを釣っている様子が載っております^^

そんな感じで6月半ばに日本にやってきて、SABADOさんと一緒に釣行。その際に見事、ナマズを釣り上げたので写真を送っていただきました!

画像


でんでんまるにも来てくれて、香港の有名アングラーの方とお会いできて嬉しかったです~

画像


※充実した内容を維持するモチベーションになりますので
クリックお願いしま~す!

画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック