[釣果報告]タイランドからのお客様を鯉釣りガイド!

画像


昨年、タイランドからお客様「AKさん」が来てくれました^^

釣りが大好きで日本に頻繁にいらっしゃっているようです。

マニアックな品ぞろえのでんでんまるが気に入ってくれたらしく、盛り上がりました。

AKさんはタイの方ですがアメリカに住んでいたこともあり、英語が話せるので最低限の意思疎通が出来ます。とはいえ、私の英語力は低レベルなのですが、旅の経験が長く察しがいい方なので助かります(笑)

さらに某量販店さんに居たのを連れて来て下さったのがSABADOさんなので一緒にいてくれるとさらに意思の疎通が高まります(SABADOさんは英語とスペイン語、ポルトガル語を日常会話レベルで話せます)

その際に「また、お買い物とかではなく釣りでも日本に来てください」というと鯉釣りが好きだとの事。カムルチーだと短期滞在で釣るのは非常難しいですが鯉ならいけそうだと思いました^^

その後「秋に来るかもしれない」というお話を聞いていたので、なんとなく気にかけていたのですがいらっしゃらず、時間が過ぎていたのですがこの冬に横浜のフィッシングショーに来場するついでに釣り行きたいという事になりました。

ただ、真冬はトップでサクッと釣るには難しいシーズンですし、私のプライベートタイムの時間に合わせていただけないと同行もできません。

少し前までは、日を合わせられず、お買い物にだけ来るというお話でしたが、2週間くらい前に合わせられるという事になったので事前にこの時期でも食いがいい場所を探しておいて、お連れしました^^

最初はお金が掛かってもいいので、佐屋川のサクッと釣れる場所にお連れして結果を出そうとかも考えましたが真冬になると嘘のように姿が見えませんでした(笑)

コ式の釣りをレクチャーすると「自分がやっている釣りとは違う、面白そう!」と興味を持ってくれました^^

画像


画像


一ヶ所目の場所は最初は活性が高かったのですが、ショートバイトでなかなかフッキングしません。食いが浅いのでAKさんのリクエストで防伊里型WAOUに変えたのですが今度はキャストが難しくなり魚が散ってしまいました。

という事で、二つ目の場所に移動。ここはさらに活性が高く、アタックが来ましたが、スイープにアワせてしまうなど勝手がわからずフッキングできず。

そこで、ラインテンションを張って素早くアワせるという事を教えましたが、意思が伝わり切っていないな~っと思っているとSABADOさんが様子を見に来てくれました。

そしてさらに詳しく説明してくれました。「あ~、そうやって表現すればいいのか~」と英語の勉強をする私(笑)

すると、次のバイトでフックアップ!

画像


ヨーロッパの鯉釣り師みたいに、魚にキスしたりして喜んでくれました^^

その後、お店に向かったのですがその道中でもずっと思い出し笑いをして喜びを噛み締めていました。ここまで喜んでいただけると私も嬉しいです!

このエピソードは動画にも納めましたので、またアップしようと思っているのですがちょっと後になるので先にブログで紹介しました~

※充実した内容を維持するモチベーションになりますので
クリックお願いしま~す!

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック